ネカフェ難民になってしまった最初の頃は、毎日漫画も読めるしパソコンも自由に使えるし悪くないと思っていたのですが、長く続くとこの先どうしようって不安になります。僕の場合なぜか強い不安を感じると下半身が元気になってしまい、数回は自慰しなければいけないほどの興奮状態を味わいます。ネカフェで自慰してると誰かに見られているかも?という緊張感もあるので、余計興奮してしまうのでしょう。 冗談半分で出会い系の掲示板に、「ネカフェ難民ですが、誰かに見られながらエッチしたい願望があります。」と書きこんでみました。すると「私も恥ずかしいプレイ希望です。一度会ってみませんか?」と連絡がきました。何度かメッセージを交換していたら、お互いに少し恥ずかしいエッチに興味があることがわかり、実際にやってみようという話になりました。 神待ち 待ち合わせ先には彼女が車に乗ってきたので、その車で郊外の公園に向かいました。昼間でしたが静かな公園で、しばらくは車の中で話をして時間を過ごしました。夕方になり辺りが薄暗くなってきたので、彼女の股に手を入れてみると、すでに湿っているのがわかりました。僕はネカフェ難民ということもあって昨日は風呂にも入っていません。少しにおう下半身を彼女に見せると、恥ずかしがりながらもくわえてきました。僕も彼女の下半身を手で刺激しながら、お互いに一度果ててから、次は少しだけ車の窓を開けて本番に挑みます。「声を出したら人に気付かれるよ。」と彼女に伝えると、さらに興奮していましたね。その後もたまに彼女から連絡があるので、ネカフェに車で迎えにきてもらってそのまま車内プレイを楽しんでいます。お金も掛からないしネカフェ難民にはうれしい相手ですね。 家出少女 神待ちサイト
書き込みはまだありません。
222